Column

  • HOME
  • COLUMN
  • シャンプー選びのコツ ~ノンシリコン編~

シャンプー選びのコツ ~ノンシリコン編~

gahag-0018423739-1

シャンプーを選ぶ際、皆様は何を基準で選ぶことが多いでしょうか?

香り、洗い心地、ダメージなど色々な事から選びますね!

今回はそのシャンプー選びのコツをご紹介いたします。


初めに、よく聞かれる質問をまとめてみました。

※美容師さんやメーカーさんの考え方も色々ございますので、あくまでも1つの考え方としてご参考にしていただければと思います

gahag-0018423739-1

 

よく聞かれる質問


やっぱりノンシリコンがいいんですよね?

◇美容師専売品だけどなかなか良くならない

◇薬局にあるので一番良いのは何?

◇トリートメントとリンスの違いは?

◇今使っているシャンプーは泡立ちが悪いからダメッてこと?

 

 

◇やっぱりノンシリコンがいいんですよね?◇


もしあなたが、カラーリングやパーマなどあなたの髪に施術をしている場合

だいたいの方がシリコンが必要かもしれません。

もともとシリコンは髪の滑りを良くしたり、ツヤを出したり、、、など

傷んでいる毛を修復する力はないですが、髪をコーティングしてくれるので

必要な方は多いはずです。

頭皮に大きな炎症があるなどの場合は避けた方が良いかもしれませんが

シリコンが健康な髪や頭皮を傷める事は無いのです。

シリコンがないと滑りが無くなるため、傷みやすい髪や、キシキシとした質感になってしまう可能性があります。

またシャンプーはノンシリコンですが、ほとんどのトリートメントに

シリコンが入っているため、シャンプーに入ってないけどトリートメントに入っています

つまり、結局はシリコンで艶や手触りを出しているのが現状です。

 

ノンシリコンがオススメの方


根本に元気がなかったり、薄毛が気になる方などはノンシリコンの方が

根本からふんわりと立ち上がります。

ですが髪の毛には先ほど書きましたが、コーティングが無い状態ですので

キシキシとした質感になりやすいです。

なので、ショートの方などにはオススメかもしれません。

 

ショート以外の方はノンシリコンシャンプーを選び、シリコン入りのトリートメントを選ぶか

もともと過剰にシリコンが入っていないシャンプー選びをすると良いかと思います。

re_pla2

 

いずれにせよ市販に売っている物ではあまりオススメは出来ません。

今は何使っても大丈夫!!だけど、年々身体も髪も変わっていく物。

毎日使う物だから、しっかり向き合いたいですね!

関連記事

gahag-0075155107-1

傷みに強い毛を作る◆予防美容のススメ◆

◆予防美容のススメ◆ 最近、予防美容と言う言葉をお目にかかる機会は ……

Beautiful female ass back body white panties pink flower long leg

夏までに痩せやすい身体作り

最近気温も高くなり、いよいよ夏がきますね! お肌も露これからの時期に出する ……

virus_zendama_good

好転反応について

マッサージなどの施術を受けた後に身体がだるくなったり、異変を感じたことはありませ ……

sirakami

白髪ってなぜ生えるの???

白髪ってなぜ生える 白髪の原因は、毛の色素であるメラニンをつくる毛色素細胞の働 ……